2012年4月11日 丸平木材再始動

Restarts the Maruhei Timber

弊社は2011年3月11日2時46分、
103年間刻んで来た時間が止まりました。
圧倒的な自然の力でした。
人の社会が一瞬の内に消え去るのを目の当たりにしました。
目の前に広がる光景は瓦礫と化した無の空間でした。
その一方で、目を山に向けると、力強く緑いっぱいに覆われた山が広がっていました。また海は青々と生々しいほどに輝いていました。そんな自然から「人のくらしは本当に儚い・・・。しかし、だからこそ、人の平凡なくらしは貴重なのだ」。そう言われている気がしました。
弊社丸平木材は存続が一度終わりました。存続が終わった丸平木材が、なぜこんなにも大きなマイナスから再び起業するのか・・・
自分自身、何のために生き残ったのか、これから何のために生きていくのか、震災後の極限状態の中で、透き通るほどに心が研ぎ澄まされ、心の深奥で感じたこと・・・
それが弊社経営理念でした。
企業論理ではない、「木の真の力を輝かせる」事で、かけがえのない皆様のくらしに貢献していきたい・・・ その一心で丸平木材の第二創業を始めます。

丸平木材株式会社 代表取締役 小野寺邦夫

丸平木材再始動フッター