山の思想と日本人 其の1

Forest is life

古来、日本列島の民は、山に育てられてきた。
明治期、近代の荒波の中で、失われつつある「山の思想」を
必死で表現しようとした素敵な人たちがいる。

はじめに

2013年、霊峰 富士山が、世界文化遺産に登録されることが決まり、日本中に元気と希望をもたらしました。
気の早い人は、「経済効果」などという言葉を使い始めて、浮かれている様子です。
しかし、ここで評価された「文化遺産」とは何か?
それは、日本人の山とのかかわり方、その作法、宗教観などの素晴らしさ。それこそが世界の人に希望をもたらすものだと評価されたのです、
すなわち、日本人の「山の思想」が評価されたのです。
残念なことに、そのことを明確に意識している人は案外と少数派なのです。
実にとんちんかんなことです。
では、昔の人が当たり前に持っていた、「山の思想」その作法、とは何であるか?
ここでは、その代表的な人たちとその思想について、少しずつ勉強していきたいと思います。

前提としての認識 / 「日本人の山の作法」は、徳川政権の瓦解とともに、新政府によって大弾圧され、根絶やしに近い状態になったのです。

突然物騒なことを書きましたが、大事なことですから・・・
 富士山の世界文化遺産で評価されたのは何か?直截に言えば、それは「山岳信仰」とその連綿たる継続のありようです。富士山の山岳信仰は、人類学者の中沢新一氏によると、縄文時代以前から発生しているとのことです。(詳しくは、後述します)
その後、神道、仏教、修験道など様々な形式を取り、また混ざり合い(神仏習合)ながら連綿とつながってきた「山岳信仰」。それは日本列島に住む人たちの自然観、感謝と畏怖の作法、がそのまま表現されているものでした。「日本人」は、自分たちの宇宙観の根源を、山に、そして山に息づく様々な生命の循環のありさまに求めたのでした。
 江戸期には、「講」という自治組織を通じて、山岳信仰が全国各地、様々な形態で受け継がれていきます。富士山を信仰対象とした「富士講」だけではありません。白山講、御嶽講、霧島講、出羽三山講、大山講、戸隠講、榛名講、大峯講 などなど、実に様々な「講」が組織され、山とそのエネルギーを信仰の対象にしていたのです。
 しかし、徳川幕府の瓦解、その後権力を奪取した「新政府」によって、山岳信仰は大弾圧を受けます。その根拠は、「神仏分離令」(明治元年、1868)に端を発します。
王政復古の名のもとに、万世一系の天皇家を神とする「国家神道」を標榜する「明治政府」は、習合しながら独自の体系を作っていた仏教と神道、寺と神社を分離することを強制し、仏像を信仰対象とすることを禁じました。これがその後、廃仏毀釈となって、全国の仏像が数え切れず破壊される運動になってしまいます。
 さらに禁止されたのが、講などの民間山岳信仰や修験道 です。それらをすべて菊の紋章の入った国家神道の神社の系列に一本化する政策が、長年にわたって押し進められました。その間、名もなき道祖神、山の神、田の神などの、無数の神様が、破壊、廃棄されていきました。
宮崎駿の「ととろ」も、もしかしたら、この時廃棄された道祖神の一つであるのかもしれません。いや、たぶんそうなのです。

鎮守の森伐採令

この、国家神道への一本化は、ついに日露戦争後の明治39年、神社合祀令(いわゆる鎮守の森伐採令)を布告するに至りました。その伐採令に、単身立ち向かったのが、ここで取り上げる 南方熊楠 という人物です。「日本人」の思想性の根拠であり、オリジナリティーの源泉でもある、「山や自然への感謝と畏怖の作法」。大げさではなくそれを根絶やしにする布告や命令が、国家権力によって日常的に行われていたのです。
今では、そんなことも案外忘れ去られ、知られていない事柄ですが、これらの一連の弾圧例は、日本人の精神構造にとって、大変大きな意味を持つ「転機」であると思います。
私たちは、自分たちの「根っこ」を失いかけている、いや既に失ってしまったのかもしれません。

富士山信仰の世界遺産認定、この不思議。

以上、ご説明したことの意味をお分かりいただけたと思います。
富士山信仰こそは、日本人の「山岳信仰」や宗教観、自然観の象徴でありました。
近代化の名のもとに、それらは明治期に弾圧され、公に活動できない状態に追い込まれた。日本人の魂のなかにも、わずかな記憶が残っているのみです。
その、「山岳信仰」が、このたび世界遺産になったということ。
オリンピックと同じように、これを単なる「経済効果」などと言っている日本人は、
すべての根拠を失うでしょう。
一方、これをきっかけに、山岳信仰をきっかけに、日本人の「山の思想」の系譜を丹念にたどり、未来への希望につなげることができるならば、本当に豊かな、愛すべき日本列島がよみがえってくるような気がします。
そのような「希望」の再構築に、丸平木材も寄与していくべく、このテーマの論考を重ねていきたいと思います。

» 山の思想と日本人 其の2へ

山への招待フッター