大黒柱伐採式

014017今日は、宮城県亘理と福島県二本松のお二家族が、新築するお住まいに使用される大黒柱の伐採を行いました。
100年生の大木が立ち並ぶ林内を散策し、もっともふさわしい一本を山主さんと一緒に選び出し、お神酒をあげ、祈りをささげた後、いよいよ伐採です。
それぞれのご家族が、家族みんなで交代でチェーンソーのレバーを握り、ノコを入れて頂きました。受け口・追い口の切り込みと最後の伐倒はプロの木挽きさんが引き受けます。
クサビを打ち込む鋭い音が、静まり返った山で、カーンッ、カーンッ・・・と響き渡り、ついに、100年その山に生きてきた命がドッドーンッという地響きを鳴らしながら倒れました。
圧倒的な瞬間です。
その後、その木の前でそれぞれ記念撮影!
今度は、この木の命を繋ぐ製材・乾燥・加工をしていくのを担わせて頂くのが、丸平木材です。
この大いなる木の命が、このご家族のかけがえのない暮らしを支えていくことを願いながら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>